フォト

Google AdSence

  • スポンサードリンク

フォトアルバム 「北海道の風景」 

  • 16 新冠町 「繁殖牝馬」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「北海道の風景」です。

フォトアルバム 「東京の風景」

  • 05 「子供地蔵」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「東京の風景」です。

フォトアルバム 「春」

  • 05 「船場川を泳ぐ鯉」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「春の写真」です。
無料ブログはココログ

2019年2月18日 (月)

「FIAT500 PICNIC 2018」に初参加♪

Img_1438_2


2018年7月8日(日)に行われた、

「FIAT PICNIC 2018」

に参加してきました♪


…といっても、この記事を書いているのは、それから半年も過ぎた2019年の冬なのですけどね(笑)


日本では、アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』で「ルパンの愛車」として登場したことから有名になった「FIAT500」ですが、初代から数えて3代目となる新たな「フィアット500」が、2007年7月4日に本国イタリアの都市トリノで誕生しました。

それから一年後の2008年には日本でも販売が開始され、新しく生まれ変わった「フィアット500」の誕生日を祝う公式イベントの「FIAT PICNIC」が、毎年7月の日曜日に開催されているのです。

しかしながら、イベントが行われる会場は関東なので、関西に住んでいる私には日程的な問題もあって、なかなか参加することができませんでした。

そしてようやく今回、その機会に恵まれたというわけなのでした。


…が。

当日はあいにくの天気どころか、「西日本豪雨」の影響で、「中国自動車道」や「山陽自動車道」などの西日本の主要な高速道路があちこちで通行止めになるほどの甚大な被害が出ていました。

イベントに参加するのもやめようかな…とも思いましたが、せっかく休みを取って応募もしたんだし(イベントは定員制)、地元近辺は豪雨による被害もそれほどなかったので、なかば強引に愛犬を助手席に乗せてイベントに向かいました。

夜中の3時ごろに兵庫の自宅から出発して、イベント会場のある山梨県の「富士北山麓駐車場」に到着したのは、それから6時間ほどが過ぎた午前9時ごろでした。

幸いにも途中でアクシデントにも見舞われることもなく、小雨は降っていたものの、会場の天気も午後に向かって回復の兆しにありました。


Img_1446_2


会場の駐車場は「フィアット」だらけ。

あいにくの天気にもかかわらず、イベント会場にも家族連れやカップルなどたくさんの人たちで賑わっていました。


私が今回のイベントにどうしても参加したかった理由が、もうひとつありました。

それは、日本が世界に誇る美しい山。霊峰「富士」を見ることでした。

これまでにも何度か富士山の近くには訪れたことはあったのですが、夜だったり天気が悪かったり寝ていたりして(苦笑)、「完全な姿の富士山」を一度も見たことがなかったのです。

そしてついに、念願だったその夢が叶ったのでした。


…うーん。思っていたよりも「小さい」かな?

それでも、ずっと憧れていた、日本の象徴的存在でもある「富士山」の姿をついに見ることができたのは、やっぱり感動的なできごとでした。

富士山って絶対に「男性」ではなく、巫女さんのように長い黒髪の似合う「大和撫子な女性」ですよね。

「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」という日本神話の女神も富士山には祀られているし。

その神々しい姿を実際に自分の目で見て確信しました。


Img_1435_2


上の写真は、イラスレーターのChocomoo(チョコムー)さんがペイントしたフィアット500です。

そのほかにも、本場イタリアのパスタやピザなどが振る舞われた露店や、芸人さんやアーティストの方々のライブなどの催しが行われていました。


さてと。

イベントにも参加できたし、愛しの富士山にも会うことができたから、家に帰ろう。

…というわけで、それらのライブや露店などにもまったく立ち寄らずに、一時間も経たないうちにまた駐車場に戻りました。


「いったい、おまえは何しに来て~ん!」

ツッコまれそうですが(笑)、私はもともと観光などにはまったく興味がないし、人がたくさんいるところは昔から苦手なのです。

おいしいものを食べたり、だれかと無理に遊んだりしなくても、ただ独りでずう~っと何時間も「車の運転」をしているだけで幸せな人間なのですみません。


愛犬を散歩させたあと、缶コーヒーを飲んで、雨で汚れた自分の車をせっせと磨いていると、不意に、カメラを持って駐車場内を歩いていた二人組の男性に声をかけられました。

なんでもその方々は、とあるデザイン会社のスタッフの人たちで、「フィアット500のオーナーである私と愛車の写真をいっしょに撮らせてほしい」とのことでした。

もちろん快諾した私は、愛犬のショコラといっしょに写真を撮っていただきました♪


後日。

フィアットの公式サイトのイベントページに、そのときに撮影していただいた「私とショコラと愛車の写真」が、でかでかと載せられていました^^;

あ~こんなことなら、無理にでも自分の髪とショコラの毛をカットして、もっときれいにしておけばよかった……。

まさか本当に私の写真がFIATの公式サイトに掲載されるとは思ってもみなかったので、ちょっと後悔もしましたが(苦笑)、「とてもいい感じの写真」に撮っていただけたので、自分的には「お気に入りの一枚」になりました。


81


愛車のFIAT500Cジャッラと愛犬のショコラ(♂12歳)とその飼い主(♂47歳)

ありがとうございました♪





Google AdSence

«理想の場所